脂肪肝をサプリで予防![肝臓の数値を下げる方法]

脂肪肝 サプリ

脂肪肝をサプリで予防![肝臓の数値を下げる方法]

サプリメントで脂肪肝を予防!

肝臓は、自覚症状が出ないことから「沈黙の臓器」と言われますが
お酒の飲み過ぎや油の摂り過ぎはγ-GTPの数値を高くします。

 

そして、γ-GTPの数値が50IU/Lを越えていると、脂肪肝による肝臓の機能低下が起こっています。

 

自覚症状がないからと言って脂肪肝を放置しておくと肝硬変や肝癌を招く恐れがあるので
脂肪肝にならない事、重度の脂肪肝にならない事が大事です。

 

そこで多くの方が脂肪肝の予防や脂肪肝治療の対策としてサプリを摂取しています。
軽度の脂肪肝でしたら、サプリと生活習慣を見直すことで改善できるのでがんばりましょう

 

レバリズム‐L

牡蠣のチカラα

肝パワーEプラス

◆購入者の満足度は97%以上!

 

◆国内の専門機関で130項目の厳しい検査を実施している確かな安全性

 

◆原料探しから調合まで3年以上もの歳月をかけたこだわりの製品

◆亜鉛サプリメントランキングでは、第1位を獲得

 

◆1袋に生牡蠣約181個分の亜鉛を配合

 

◆厚生労働大臣が定めた品質管理基準を満たしたGMP取得工場で製造

リピート購入率は95%以上!

 

◆安心・安全・高品質の証である、ハイクオリティ認証を取得

 

◆厚生労働大臣が定めた品質管理基準を満たしたGMP取得工場で製造

初回モニター価格 

980円 送料無料

初回モニター価格

980円 送料無料

5袋お試しセット 

980円 手数料・送料無料

     

牡蠣エキスとしじみエキスで脂肪肝を予防する【レバリズム‐L】

肝機能を改善するために作られたサプリです
肝機能を高める牡蠣としじみを贅沢にサプリに凝縮しています

 

・二日酔いや肝臓数値が気になる方におすすめです。
・スクワレン配合で、肌のアンチエイジング効果も期待できるサプリです。

 

初回お試し価格=980円(税込) 

 

 

肝臓に効果的な栄養素を凝縮した【レバリズム‐L】の詳細はこちら

 

牡蠣の濃厚なエキスを濃縮し亜鉛を贅沢に配合している【牡蠣のチカラα】

 

 

亜鉛不足による体の疲れやダルさを解消するサプリです
牡蠣の濃厚なエキスを凝縮しています

 

・広島県産の牡蠣を使用し、1袋に生牡蠣181個分の亜鉛を凝縮しています。
・ビタミン・ミネラル・タンパク質を豊富に含んでいるマカをプラスし、健康をサポートします。
・美容やアンチエイジングにも効果的な高麗人参を配合しているので女性にもおすすめですよ。

 

初回お試し価格=980円(税込) 

 

 

亜鉛を贅沢に配合【牡蠣のチカラα】の詳細はこちら

 

 

健康維持にかかせない牡蠣とにんにくをたっぷり配合している【肝パワーEプラス】

 

 

 タウリンや亜鉛が豊富で肝臓と血圧をサポートしてくれます
一般的なサプリの4倍の吸収率で効果の実感が早いです

 

・タウリンが豊富に含まれる広島県産牡蠣の濃縮エキスを配合しています。
・栄養価の高い長野県産ジャンボにんにくも贅沢に配合しています。
・脂肪肝が気になる方はもちろん、高血圧の方にもおすすめですよ。

 

初回お試し価格=980円(税込) 

 

 

健康維持や疲労回復に効果が高い【肝パワーEプラス】の詳細はこちら

 

 

脂肪肝とは?

食事から体内に入ってきた栄養素の脂肪酸を分解して中性脂肪をつくり、肝細胞の中に溜めておきます。
身体を動かすのに必要な分を放出するといったエネルギーの貯蔵庫の役割が肝臓にはあります。

 

しかし、使うエネルギーよりもつくって溜めている中性脂肪の方が多いと、
肝臓の細胞の中に使われなかった分がどんどん溜まっていきます。

 

 
全肝細胞の30パーセント以上が脂肪化してしまっている状態のことを「脂肪肝といいます。

 

脂肪肝が悪化すると・・

 

脂肪肝の状態から症状が悪化していくと、脂肪性肝炎を起こし、次に肝硬変、肝がんへと病気が進行してしまいます。

 

肝臓は、沈黙の臓器と言われるほど病気や異変が起こっていたとしても自覚症状が出にくく、病気に気がつきにくい臓器です。

 

よって年に1回は健康診断を受け脂肪肝になっていないか検査した方が良いでしょう。

 

脂肪肝の検査は血液検査だけでなく腹部のエコー検査も可能です。

 

肝臓の働き

 

肝臓は、肋骨に覆われたお腹の中心から右寄りに位置しており、およそ3000億個もの細胞でできています。

 

臓器の中でも大きいもので、成人でだいたい1キロから1,5キロもの重さがあります。

 

その肝臓の働きは堅実で黙々と働き、代謝やエネルギーの貯蔵、解毒、
胆汁の生成など500以上の働きを持っています。

 

肝臓セルフチェック法

 

沈黙の臓器と言われる肝臓は相当悪くならない限り信号は送りませんが、肝臓の劣化だけが原因じゃないのですがささいなサインなら送ります。

 

・体がだるい
・食欲不振
・体がかゆい
・脚のむくみ
・シミが増える
・手の平が赤くなる

 

アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝

 

脂肪肝にはアルコール性脂肪肝と、非アルコール性脂肪肝に分けられ、それぞれ原因が違ってきます。

 

アルコール性脂肪肝は名前の通り、アルコールを摂取しすぎることで起こる脂肪肝です。
アルコールを飲むと、肝臓で解毒されて体外へ排出されますが脂質も作られ溜まっていきます。

 

さらに、肝臓がアルコール分解している間、肝臓内の中性脂肪が分解されず肝臓内に中性脂肪が増えて溜まっていってしまうことでアルコール性脂肪肝になってしまいます。

 

非アルコール性脂肪肝偏った食生活から起こる病気で、脂肪肝は特に脂っこい食事が多い人に起こりやすい病気です。

 

 

アルコール性脂肪肝の症状

アルコール性脂肪肝の場合、症状があらわれることはほとんどなく、健康診断などで高脂血症やガンマGTP、GOTなどが上昇したことによって発見されたことで知る人が多いとされています。

 

症状が現れた場合は肝臓の状態がさらに悪化している可能性もあるのですぐに病院で検査を受けた方が良いです。

 

なぜなら脂肪肝が進行するとアルコール性肝炎やアルコール性肝繊維症などへ進行し、アルコール性肝硬変へと移行していく可能性があるからです。

 

 

肝臓はお酒の分解を優先

 

肝臓はアルコールを代謝するときには、他の栄養素を代謝するのを後回しにしてアルコールを優先的に代謝しようとします。

 

通常、肝臓に中性脂肪を蓄えてエネルギーに変えるのですが、肝臓がアルコールの処理を優先させた場合、脂肪の代謝が後回しになり、肝臓に脂肪が溜まってしまい、その結果アルコール性脂肪肝を招いてしまうのです。

 

 

アルコール脂肪肝の方はおつまみはタンパク質と野菜

 

おつまみに選びたい食材は、高たんぱく質・高ビタミンです。

 

分解作業で傷ついた肝臓の修復にタンパク質が必要だからです。
蛋白質を構成するアミノ酸の中でも食べ物でしか摂取する方法必須アミノ酸を多く含む大豆や白身の魚がおすすめです。

 

又、肝臓の行う代謝にビタミンが必要なので、ビタミンを補充することで肝臓の代謝をスムーズにします。

 

バーメニューのアーモンド・ナッツ・チョコレート・チーズはならどれ?

 

おしゃれなバーには必ずと言っていいほどあるおつまみメニューのアーモンド・ナッツに含まれるビタミンEは脂肪の代謝を助ける成分ですのでアルコールから作り出される脂肪をエネルギーに変えようとする働きがあります。

 

避けたいのは脂肪が多いチーズと糖分が多いチョコレートです。

 

アルコール度数が高いお酒をおいているバーですが、昔からナッツ類、誰が気づいたんでしょうか?

 

先人の知恵にはいつも驚かされます。

 

肝臓病を発症した場合の鉄分は控える

 

あさり・しじみ・アーモンドなど、肝臓に良いとされる成分には鉄分が多く含まれています。

 

健康な肝臓には欠かせない鉄分も肝臓病をすでに発症している方には鉄分をとり過ぎると鉄が肝臓に沈着してしまい、この鉄分が酸化することで肝臓に炎症がおこります。

 

しかし、鉄分は1日に10mgは必要ですのであくまで過剰摂取に注意が必要ということです。

 

 

休肝日は必要

 

アルコールは肝臓で解毒作用と脂肪酸の合成が行われ、肝細胞の細胞膜に傷がつきます。

 

500ml1本のビールを分解するのに、体重や年齢によっても変わりますが2時間半前後かかります。
なんだ、2時間くらいか・・と思った方もいるでしょうが、これは、アルコールの分解のみかかる時間です。

 

肝臓は他にも多数の働きを行うので、毎日お酒を飲むと、肝臓を毎日酷使し細胞を傷をつけるので休肝日を設けた方が良いとされています。

 

アルコール性脂肪肝にこそノンアルコールビール

 

ノンアルコールビールも発売当初に比べるとかなり美味しくなってきました。

 

休肝日を設けることができないという方はガマンしてノンアルコールビールで肝臓を労わる日を作ってみてはどうでしょうか?

 

 

肥満気味の方は非アルコール性脂肪肝に注意

 

脂肪肝はアルコールが原因であることが一般的ですが、お酒は一滴も飲めないのに脂肪肝になったという話を聞くことがありますが、このタイプの脂肪肝が非アルコール型脂肪肝です。

 

過剰な脂肪摂取や糖の摂取は肝臓に中性脂肪がためてしまいます。

 

このように、食べ過ぎ、飲みすぎも原因ですが不規則な食事時間、間食が多い、過激なダイエットと暴飲暴食を繰り返すなどでも脂肪肝になる可能性があるので食習慣の見直しが必須です。

 

非アルコール性脂肪肝が進行すると肝臓が線維化し、線維化が進むと肝臓が硬くなり肝硬変に進行することがあります。

 

 

痩せている人も非アルコール性脂肪肝に!

 

体型が太っている人はもちろん注意が必要ですが、痩せているからといって脂肪肝にならないわけではないのでありません。

 

痩せている人でも運動不足な人や、コンビニ弁当が多い人、ファストフードをよく食べるなど食生活の乱れから摂取する脂質の量が多いと、気づかないうちに非アルコール性脂肪肝になる場合もあります。

 

おやつのお菓子選びにも注意

 

菓子パンや洋菓子は脂質と糖分の塊です。
油で揚げたスナック菓子も同様です。

 

非アルコール性脂肪肝の疑いがある場合は、わらびもち・寒天など脂質0の和菓子系の甘味がおすすめです。

 

nashナッシュとは?

 

非アルコール性脂肪肝=“NASH(ナッシュ)”とも呼ばれます。

 

NASHは、食生活の欧米化に伴い増加しています。
肥満や糖尿病といった生活習慣病が大きく関わっており、若い世代でも増加しています。

脂肪肝を予防するサプリメント比較

商品名

牡蠣のチカラα

 

肝パワーE+ 

レバリズム‐L

 

 

原 料

 

広島産 牡蠣エキス

 

 

広島産 牡蠣エキス

 

岡山産 牡蠣エキス

 

その他成分

ペルー産マカ

高麗人参 

長野産にんにく

紀州産南高梅

静岡産しじみ

スクワレン

内容量

90粒

1日3粒(30日分)

1箱45粒

1日3粒(15日分)

90粒

1日3粒(30日分)

定期購入

毎月お得コース

2,980円

(30日分)

 

8,100円

(30日分)

 

3,980円

(30日分)

 

1日あたり

 

 

99円

 

270円

 

132

お試し価格

初回のみ

980

お試し5日分

980円

初回のみ

980円

 

 

おすすめ

ポイント

継続しやすい価格
 
肝機能改善効果

1袋に牡蠣約181個分の栄養素高配合サプリ

・肝機能改善効果
 
にんにく成分を1粒に100mgも配合で疲労回復効果あり

 

・一般のサプリの約4倍の吸収率

肝機能改善効果
 
L-シスチン配合でアルコール解毒作用あり

 

スクワレン配合で健康や美容にも最適なサプリ

 
公式サイト
 

 

 

 

 

 

 

脂肪肝にダイエットは効果的

 

脂肪肝の症状がある人の約70%がアルコールを飲んでいる、または肥満体型であるということが証明されています。

 

脂肪肝の原因は、過剰な中性脂肪が肝臓に溜まってしまうことですから、脂肪・糖分の摂取量を減らす食事の制限や、アルコールを控えることも大事です。

 

溜まった中性脂肪をエネルギーに変える運動、つまりダイエットによる肥満解消が効果的です。

 

ダイエットはコレステロール値・中性脂肪を下げる効果も!

 

肥満気味の方は肝臓の数値が高い場合とコレステロールの値が高い場合とその両方が高い傾向があります。

 

食事のダイエットでカロリーを抑えさらに運動で血液や肝臓に溜まっているコレステロールを消費することでコレステロールの値を下げることができるで、健康維持にダイエットは良い手段です。

 

コレステロールの値が下がると肝臓に溜まっている脂肪も減っているというサインですから肝臓にとっても良いことなんですよ。

 

 

糖尿病と脂肪肝の関係

 

糖尿病の人が脂肪肝だとインスリンの働きが鈍くなる(インスリン抵抗性)(ことで糖尿病が発症したり進行します。

 

又、糖尿病の人は肝臓に脂肪が溜まりやすいので脂肪肝になりやすい傾向があります。

 

糖尿病の治療にも食事療法や運動療法が用いられることは広く知られていることでしょう。

 

これも平たく言えばダイエットを促す治療です。

 

これらを行うことで、糖尿病・脂肪肝ともに改善できると言えます。

 

インスリン抵抗性とは?

 

本来なら、食事により血糖値が高くと膵臓からインスリンが放出され血糖値が下がるように肝臓や筋肉に働きかけ血糖値ががるのですが、脂肪肝だとインスリン抵抗性がおこりやすくなり肝臓が脂肪で手一杯ですい臓からインスリンが分泌されても、肝臓が血液中のブドウ糖を取り込もうとしないため、血糖値が下がらないのです。

 

ウォーキング・水泳・マラソン・エアロバイク・ラジオ体操でインスリン抵抗性の改善

 

インスリン抵抗性が起きている場合脂肪たっぷりの肝臓だけでなく、体の細胞全体がインスリンへの反応が悪くなっています。

 

そこで、筋肉や脂肪組織がインスリンに反応しやすくするに有酸素運動であるウォーキングウォーキング・水泳・マラソン・エアロバイク・ラジオ体操はおすすめです。

脂肪肝を改善する食生活

非アルコール性脂肪肝の場合は、しっかりと食生活を見直して、
なるべく脂質をとらないような食事にして、乱れた食生活を改善していく必要があります。

 

タウリンが脂肪肝に有効な理由

 

脂肪肝は肝臓にコレステロールが溜まり過ぎている状態です。
そこで、タウリンが胆汁酸の分泌を増やすので、
タウリンを含んだ食品を積極的に食べることで血液中のコレステロール値を下げます。

 

さらに、タウリンには酵素の働きを助け、アルコールの分解を早める作用もあるので、
肝臓での負担が軽減されることで肝臓の働きに異常が起こらないようにしてアルコール性脂肪肝を改善していくことも期待できます。

 

タウリンは牡蠣などの魚貝類に多く含まれているので、積極的にそういった食品を食べてタウリン不足にならないようにして、肝機能を改善し、脂肪肝を予防していきましょう。

 

ただ、食生活で十分なタウリンを摂取できそうもない方はタウリンサプリなども活用していくと負担なく脂肪肝の改善ができます。

 

肌老化の原因に!みかん・りんごなど果物をたっぷり食べよう

 

肝臓はビタミンの貯蔵庫であり、ビタミンを活性化する臓器でもありますが、脂肪肝になるとそのような肝機能が低下している状態なので食事で余分にビタミンを摂取しておく必要があります。

 

肝臓の症状の中にシミが増えるというのがありますが、まさにビタミン不足が原因によるものです。

 

肝臓の数値が気なる女子はお肌のためにもみかんやりんごなど果物を積極的にとりましょう。

 

焼肉にビール・ワインにフォアグラは最悪

 

焼肉に冷たいビール、フランス料理にワインは最高の組み合わせですが、脂肪肝にとっては最悪の組み合わせです。

 

たっぷりの脂肪?アルコールは肝臓に負荷をかけまくる組み合わせです。

 

フォローのための野菜を食べたり、タウリンサプリを摂取するようにしましょう。

 

シメのラーメン・うどん・お茶漬け

 

飲んだ後でのラーメンやうどんは何故か入っていきます。
お茶漬けも胃に優しいなんていいながペロリと食べてしまいます。

 

確かに美味しいですが、脂肪肝にとっては最悪。

 

油と糖質のラーメン、ダシであったとしても糖質たっぷりのうどん、そして米

 

アルコール分解で忙しい肝臓にたっぷりの糖分は肝臓に脂肪を貯蔵することを促しているようなものです。

 

運動不足を解消して脂肪肝を改善

 

アルコール性・非アルコール性脂肪肝ともに脂肪肝を改善していくには、まずは肝臓の細胞の中に脂肪を溜め込まないように、作られてしまったエネルギーの元となる中性脂肪を、身体を動かすなど運動不足を解消して、ちゃんとエネルギーとして使っていくことが重要です。

 

脂肪は皮下脂肪より内臓にたまった脂肪が先に燃焼しますから、運動して体重が落ちていなくても肝臓の脂肪はしっかり燃えていますので焦らず日々運動を続けていくことが第一です。

 

有酸素運動と無酸素運動どっちがいいの?

 

脂肪肝のために良い運動は有酸素運動です。

 

これは、体に蓄えられている糖分や脂肪を燃焼しながら行う運動だからです。

 

一方、無酸素運動は筋肉にためたグリーコーゲンというエネルギーを使うため、糖分や脂肪をあまり燃焼しません。

 

 

 

 

脂肪肝の予防

脂肪肝といえば、暴飲暴食や肥満、アルコール摂取、加齢などによって引き起こされる病気だと考えられていますが、日本人の4人に1人が脂肪肝といわれている現在、自分は例外だとは言えません。

なぜなら、お酒を飲まない人や若い世代にも増えているからです。
では、どのようにすれば脂肪肝を予防することができるのでしょうか?

 

まずは、食生活です。
アルコール摂取や高カロリーの食事などは十分に消化ができない状態にあります。
そのため、中性脂肪が肝臓に溜まりやすい状態になるということは言うまでもありません。
しかし、食事を十分に摂らない状態になると低栄養性脂肪肝になります。
低栄養脂肪肝は、極端な食事制限や無理なダイエットによって引き起こされるものであり、若い女性が発症しやすいと考えられています。
栄養バランスがきちんととれた、必要最低限の食事を摂るようにしましょう。

 

脂肪肝は、自覚症状がほとんどなく、肝硬変や肝臓がんへと進行するだけでなく、狭心症や心筋梗塞などの心疾患と合併率も高い疾患です。
疲れやすい、肩が凝りやすい、頭がボーッとするなどの症状が日常的にある場合には血液検査を行って肝臓の状態をチェックしてみてはどうでしょうか?

 

コーヒーの脂肪肝抑制効果

わが国日本は、アメリカ、ブラジル、ドイツに続いて第4位という世界でも有数のコーヒー豆消費量の多い国です。
社会人の中でも約30%の人がコーヒーをよく飲むと答え、1日に約3杯飲んでいるという報告もあります。
ほとんどの人は気分転換やリラックス効果、眠気覚まし、集中力アップなどの効果を期待してコーヒーを飲んでいるといいます。
しかし、コーヒーには、これらの効果以外にも有効的なものがあるのです。

それは脂肪感抑制効果です。
コーヒーの色や香り、苦みなどを決定づけているのは、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類という成分です。
このクロロゲン酸類にはインスリンの効果を高めて肝臓に脂肪を蓄積させないようなはたらきがあるため、脂肪肝抑制効果があるということがわかっています。

 

脂肪肝が進行すると肝がんに至るとされていますが、コーヒーをよく飲む人は飲まない人に比べると肝がん発症リスクが半分に抑えられるといわれています。
ただし、1日に3杯を目安として、ブラックで飲むことがお勧めとのことです。
アロマ効果に加え、脂肪感抑制効果まで得られるのであれば、今まで以上にコーヒータイムを楽しむことができそうですね。

 

慢性疲労は脂肪肝が原因かも・・

朝は満員電車にゆられ、帰りは帰宅ラッシュの満員電車で疲労困憊で帰宅する。

朝も早く夜は遅い生活で睡眠不足だから、万年疲れているサラリーマンだから慢性疲労で疲れがとれない。。。という男性も多いと思います。

 

しかし、原因はもう一つ、夜のおつきあいによる肝臓の疲労、お昼のがっつり脂肪たっぷりのカロリー多めの食事による肝臓の疲労
食生活による肝臓の疲労が慢性疲労の原因を作っている可能性もあります。

 

これは、肝臓はすべての解毒と分解を担っている唯一の臓器だからです。
一日24時間働きっぱなしの肝臓は心臓にひけをとらないくらい働きものです。

 

そんな肝臓があなたが気付かないうちに初期の脂肪肝になっていたら、肝臓の分解機能が低下し、分解の仕事はあるのにうまく動けず働きが悪い。。という効率の悪い肝臓になってしまし、慢性疲労という症状が出ている可能性もあります。

 

だから、疲労が続く、食生活が心配な時、夜のおつきあいでお酒の量が増えている時に疲れが取れないと感じたならば、脂肪肝を疑ってみましょう。

 

さらに、肝臓の働きを悪くするのは、食生活だけではありません。
サラリーマンは誰でも多かれ少なかれ、ストレスをかかえているのではないでしょうか?
このストレスが胆汁の分泌を少なくしてしまい、肝臓機能の低下をもたらしていることもあります。

 

そして、生活習慣を変えることができないほど忙しいサラリーマンはせめて脂肪肝に効果があるサプリだけでも服用されることをおすすめします。
タウリンやオルニチンや亜鉛を豊富に含むサプリを服用することで疲れた肝臓を補助してくれますし、オルニチンがアルコールの分解を高めてくれます。

 

脂肪肝サプリの服用は、飲むだけで良いので忙しいサラリーマンでも改善できる生活習慣ではないでしょうか?

 

治療しやすいアルコール性肝障害

 

飲みすぎで発症するアルコール性肝障害は、入院しても禁酒と安静にすることで回復が可能な肝臓病です。

 

これは、アルコール性脂肪肝も同様です。

 

 

 

メタボリックシンドロームを放置している人が多い

 

40代に入ると揚げ物や肉が好き、お酒が好きと言う方の多くが頭の片隅に脂肪肝という言葉がちらついているのではないでしょうか?

 

特に、腹回りが気になるメタボの症状が出ている男性は気にはしていると思います。
ただ、気にはしているけど。。軽度の脂肪肝は怖い症状が出ないため特に何もしていないレベルの人も意外と多かったりします。

 

忙しいサラリーマンは生活習慣を改めたくても改めることがなかなかできないというのが現実です。
定期的な運動ができない、自宅で食事することが少ない、つきあいの多い男性ほどサプリに頼るしか脂肪肝改善や脂肪肝の予防はできません。

 

栄養指導を受けた方が良いのは男性

 

男性は女性ほど栄養についての知識がうとい傾向があります。

 

例えば、ランチで脂肪肝予防のため油分の少ない食事を選んでおきながら、お菓子は別ものとばかりポテチは一袋食べる。

 

これでは、肝臓にかかる負担はかわらないため脂肪肝が解消されていません。

 

さらに、脂肪肝予防のために野菜を食べようと思う所までは良いのですが、マヨネーズたっぷりのサラダにしたのでは脂肪肝は全く解消されません。
このように、、カロリー計算や栄養バランスの事を考えるのが苦手な男性にこそ脂肪肝サプリはおすすめです。

 

 

 

 

 

(42歳男性の脂肪肝対策)
うちの旦那は軽度の脂肪肝です。
ズバリ健康診断で脂肪肝が発覚しました。
それからとういうもの、運動をかかしません。
でも、食事はなかなか改善できず、お酒も揚げ物もなかなやめられません。
しかも旦那はマヨラー・・
そんな、旦那の救世主が脂肪肝サプリ

 

今飲んでいるサプリは
タウリンサプリ
ビタミンCのサプリ
Q10サプリ←私のサプリをこっそり飲んでますがサプリなので黙認しています。
脂肪燃焼系のダイエットサプリ←サプリを選ぶ時は相談して欲しい・・なんか効きそうにないサプリです。

 

サプリ飲んで健康維持がんばっているんですけどね、どうしても夜の盗み食いが止められない。
スナック菓子の袋が朝転がっていると、サプリ代返せ!と言いたくなります。

 

脂肪肝にとってダイエットは効果的なのにちっとも痩せません。
ダイエットサプリ飲んでいるのに。。と言いますが、飲んでるダイエットサプリの効き目が怪しいとしても
その盗み食いを辞めない限り痩せないよ・・サプリのせいにするんじゃないと思っています。
ともかく、サプリ代だってバカにならないのだから、サプリしっかり飲んで脂肪肝治して欲しいですね。

 

(48歳男性の脂肪肝対策)
お酒は大好きなのですが、毎日飲まないようにしています。宴会などでたくさん飲む日があった時は、その後3日ほど空けるようにしています。

 

他には、肉の脂身やバターをできるだけ摂らないようにして、料理に油を使う場合は、不飽和脂肪酸を多く含むと言われている、オリーブオイルを使うようにしています。

 

食事面で他に気をつけていることは、きのこ類を多くとることと、肝臓にいいと言われているシジミなどの貝類も、できるだけよく食べるようにしています。
でも、毎日食べるのは難しいのでしじみサプリの購入も検討中です。

 

お菓子が好きなのですが、砂糖もあまり良くないと聞いたので、できる限り控えています。

 

ビタミン類も必要だということを聞いたので、脂肪肝に良いと言われる、タウリンサプリや亜鉛サプリと一緒にマルチビタミンのサプリを毎日飲むようにして、足りない分を補うなどしています。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ