脂肪肝 サプリ

肝臓病の進行による原発性肝がん

肝臓病の進行による原発性肝がん

肝がんには大きく分けると、転移性と原発性の2種類があり、
転移性は他の臓器にがんができて、それが血管やリンパ管を通って肝臓に転移するものです。
肝臓病が原因で起こるのが原発性の肝がんです。

 

原発性肝がんには、肝細胞に起こる『肝細胞がん』と、
胆汁の通り道である胆管細胞に起こる『胆管細胞がん』の二種類があります。
原発性肝がんのうち、肝細胞がんが90%を占めています。
そして、原発性肝細胞がんの約60%はC型肝炎ウイルス、
約15%がB型肝炎ウイルスによるウイルス性肝炎から起こると言われています。

 

ウイルス性肝炎は、慢性肝炎・肝硬変・肝がんと進行する傾向があります。
慢性の炎症の際に、活性酸素が沢山発生しますが、
これが肝細胞に障害を起こし、がん化すると考えられています。
慢性肝炎の段階でしっかりと治療して炎症を抑えることで、発がんのリスクを低下できるのです。

 

 

肝臓がんは防げていたかもしれない・・

 

肝臓病が原因で起こるのが原発性の肝がんは肝臓病の中でも一番軽い脂肪肝と診断された時点で脂肪肝対策しておけば肝臓がんは防げていたかもしれません。

 

脂肪肝→肝炎→肝硬変→肝臓ガンの流れが多いので脂肪肝の段階で肝炎にさせないことが原発性肝がんのリスクを減らすことになります。
欲を言えば、健康診断でわかる血液検査の肝臓の数値が高い時点で肝臓の負担を減らす努力をする、例えば肥満気味の人はダイエットをする。
お酒を毎日飲む人がいれば肝休日を設けるなどのちょっとの努力が将来的な肝臓がんのリスクを低くします。

 

だから、脂肪肝を予防するような食事内容にする・
脂肪肝ならすぐ生活習慣を改善する。
これだけであなたの寿命がガンによって終焉を迎えるリスクを減らせるのです。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ