脂肪肝 サプリ

薬剤性肝障害とは

薬剤性肝障害とは

薬によって肝臓の機能が障害されることを薬剤性肝障害といいます。
さまざまな薬で起こる場合があり、その薬の服用を中止すれば治りますが、
その薬を再び服用すると、さらに強い肝障害を起こします。

 

薬剤性肝障害には2種類あり、アレルギー性肝障害中毒性肝障害の2タイプがあります。
アレルギー性肝障害は、薬の成分に対してアレルギー反応が出るもので、
人によってどんな成分でも発症する可能性があります。
特に、抗生物質や解熱鎮痛剤、降圧剤などの薬で発症する場合があります。

 

中毒性肝障害は、薬物自体.またはその代謝物に含まれる毒性が、
肝臓に直接作用することで起こる肝障害です。
特に、毒キノコや除草剤、クロロホルムなどで発症する場合があります。

 

薬剤性肝障害を予防するためには、過去に自分が何らかの問題や
アレルギー症状を起こしたことがある薬があれば、
きちんと薬手帳などに控えておき、必ず医師にそれを伝えましょう。
現在服用中の薬やサプリがある場合に医師から他の薬を処方してもらう場合も、
必ず医師に伝えてから新しい薬をもらいましょう。

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ