脂肪肝 サプリ

アルコール性肝障害とは

アルコール性肝障害とは

アルコール性肝障害は、アルコールの過剰摂取によって肝臓への障害が起こるものです。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されますが、これは肝臓以外には有害になるため、
無毒な酢酸や水に分解されます。
分解・代謝をする中で中性脂肪が合成され、アルコールの大量摂取を続けていると、
脂肪となって肝臓にたまり、やがて肝臓が傷つき肝硬変や肝臓がんを引き起こしてしまいます。

 

アルコールが原因となる肝障害で、もっとも多いのが「脂肪肝」です。
これは自覚症状がほとんどなく、多くの人が見逃しがちです。
アルコール性脂肪肝が進行すると、アルコール性肝炎になることがあります。
アルコール性肝炎は、肝細胞が急激に壊されて壊死して急性肝炎を起こした状態です。
さらにこれが進行すると、アルコール性肝硬変になる危険性があります。
アルコール性肝硬変は、長年の過度の飲酒により肝臓の繊維化が進んで肝臓全体が硬くなった状態です。


ホーム RSS購読 サイトマップ