脂肪肝 サプリ

一般的な脂肪肝

一般的な脂肪肝

もともと肝臓はエネルギー源として脂肪を作り、肝細胞の中に脂肪を蓄えています。
肝臓内の肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を脂肪肝といいます。
脂肪肝は、食べすぎやアルコールの多量摂取が原因で起こります。

 

脂肪がたまりすぎた肝臓は肥大(バルーン化)してしまい、
肝細胞が圧迫しあうことで血流が悪くなり肝細胞が壊死したり、
肝機能が低下してしまいます。

 

脂肪肝を放置していると、肝硬変、肝細胞がんへと進行する恐れがありますので、
早期に治療する必要があります。
治療は、食事療法・運動療法が基本となります。
脂質異常症うや糖尿病がある場合は、補助的に薬を使うこともあります。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ