脂肪肝 サプリ

血液検査でわかる肝臓の正常値

血液検査でわかる肝臓の正常値

肝臓の検査は血液の採取で行うことが出来ます。
血液中のGOT、GPTの数値で肝臓の状態が分かります。
現在ではGOTをAST、GPTをALTと呼ぶことが多くなりました。

 

基準値は検査機関によって多少の差がありますが、
AST(GOT)は某検査センターでは4〜40IU/L、ALT(GPT)は5〜45IU/Lです。
ASTやALTは肝臓に存在する酵素で、基準値を超えると、
肝細胞に何かしらの障害や壊死の度合いが確認できます。
しかし、ASTは肝臓だけではなく、心臓や筋肉にも存在する酵素ですので、
肝臓だけの病気だとは限りません。
また、ショックや胆石や甲状腺機能低下症でも高い数値が計測されることがあります。

 

このほか、γ-GTPの数値でも肝臓の状態がわかります。
たんぱく質を分解する酵素で50IU/Lまでが基準値です。
51IU/L以上が異常値になりますので、肝臓の病気を発症している可能性があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ