脂肪肝 サプリ

脂肪肝にいい食べ物

脂肪肝にいい食べ物

脂肪肝の可能性がある人は食事をする際には、肝臓に負担がかからない食べ方を心がけけましょう。
早食いは食べ過ぎにつながりますので、肝臓に負担をかけます。
よく噛むことで、消化も良く肝臓への負担が軽くなります。

 

肝臓にいい食べ物には、大豆やしじみの味噌汁、ウコン、牛乳、レバーなどがあります。
大豆には、良質のタンパク質である必須アミノ酸が多く含まれ、消化吸収の良い食品です。
必須アミノ酸は、肝臓の修復や再生に必要な栄養素のため、
乳製品や動物性タンパク質の肉などに偏らずに植物性タンパク質を積極的に摂取します。
大豆には、他にもビタミンやカルシウム、カリウムなどの栄養素のほか、サポニンも豊富に含まれ、
これは肝機能を正常に保つ働きがあります。

 

しじみにも必須アミノ酸が豊富に含まれ胆汁の分泌をよくし、肝機能を上げてくれます。
また脂肪分が少ないため、肝臓への負担が少ないです。
肝臓によい食べ物を摂りつつ、食べ過ぎに注意し、メタボに成らない食生活を心掛けることで、
健康な肝臓を取り戻すことが出来ます。

 

肝臓の働きを低下させないためには、生活習慣の見直しや食生活の改善が必要となってきます。
肝臓にいい食べ物と、逆に肝臓に悪い食べ物を見ていきましょう。

 

肝臓を疲れさせないために摂ると良い食品は、
イチゴ、リンゴ、キウイ、柑橘類、緑黄色野菜、ショウガ、ニラ、大豆製品などの、抗酸化作用のある食品です。
こういった食品にはビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、
食生活の中にバランス良く取り入れることにより肝臓の働きを助けてくれます。

 

軽い脂肪肝の方は食べ物を見直すだけでも改善しますのでおすすめです。

 

 

脂肪肝の対策に役立つ栄養成分とサプリメントについて

 

脂肪肝を未然に防ぐための栄養素を食事以外の方法で得るには、サプリメントが有用です。

 

近年では、色々な種類のサプリメントが販売されています。特定保健用食、通称トクホという商品も、多くの人が活用しています。

 

脂肪肝の予防には、血液中の中性脂肪量の上昇を抑える成分を配合されているサプリメントを使っているという人が多いようです。

 

脂肪肝は、数ある生活習慣病の中でも、身体に対するリスクが高く、早急に対策を講じる必要がある身体症状です。

 

お酒を飲む習慣がある人や、高カロリーの食事を頻繁にしている人は、脂肪肝になりやすいといいます。

 

脂肪肝だけでなく、肥満体型や、糖尿病といった様々なトラブルを引き起こす原因として、食事の摂りすぎがありますので、要注意です。肝臓は沈黙の臓器とも言われていますが、その理由は、多少の肝機能低下程度では症状が表出することなく、気づいた時には手遅れになっていることがあるためです。

 

中性脂肪の増加が、脂肪肝と密接に結びついていますので、中性脂肪を減らす成分が必要になります。

 

タウリン、オルニチン、アルギニン、サポニン、セサミンなどを摂取することで、脂肪肝予防の効果が期待できます。シジミ、カキなどの貝類や、ゴマなどで得ることができる成分ですが、毎日の食事の中に必ず使おうと思っても、困難を伴う食べ物となっています。

 

体に不足していると感じている栄養成分を間違いなく補給したいという場合は、それらの栄養素のサプリメントほ使うといいでしょう。

 

サプリメントで、脂肪肝改善に効果があるという栄養成分を体内に取り入れておくことがおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ