脂肪肝 サプリ

脂肪肝に悪い食べ物

脂肪肝に悪い食べ物

脂肪肝に悪い食べ物と言ってまず思いつくのは脂質が多く含まれている食べ物ではないでしょうか。
特に動物性脂肪は中性脂肪となり体内に蓄積されやすいため、脂っこいものばかりの食生活を送っていると
肝臓が脂質を処理しきれず、肝臓に脂肪が溜まっていきます。
この状態を脂肪肝と言います。

 

脂っこいものや牛肉や豚肉など脂身、バターなどの動物性脂肪は食べ過ぎないようにしましょう。
糖分の摂り過ぎもよくありません。
洋菓子や和菓子、アイスクリームなど、また美容に良いとされる果物も糖分のバナナやパイナップルなど
糖分の高いものは食べ過ぎないように注意しましょう。

 

また肝臓に悪いというとアルコールも代表的ですね。
適量のアルコールであれば、体によい効果をもたらしますが、
飲み過ぎは肝臓の他にも害を及ぼすことになるのです。
アルコールは肝臓で分解されますが、その際に有害物質であるセトアルデヒドという物質が発生します。
このアセトアルデヒドは毒性が強く肝臓に大きな負担をかける物質ですので、
過度のアルコール摂取は良くないのです。
またアルコールを大量に摂取することでも脂肪肝になりますので、注意して下さい。

 

逆に肝臓に負担をかけてしまう食品は、
コンビニ弁当やインスタント食品に多く含まれる食品添加物です。
着色料や酸化防止剤などは、今ではほとんどの加工食品に含まれているので、
そういった食品に頼らない食生活を心がける必要があります。
また、農産物を作る際に使用される農薬などの薬品も、肝臓に負担をかけてしまいます。

 

あまり神経質に食品添加物を意識していると、食べられるものが少なくなってしまうので、
食品添加物が肝臓に負担をかけていることだけでも知識として知っておきましょう。

 

脂肪肝には食生活の改善とサプリメントの利用を

 

普段の食事で食べ過ぎや飲み過ぎていないか確認することが脂肪肝予防の一歩ですが、そのサポートになるものがサプリメントです。

 

カロリー制限は脂肪肝の予防に必要な対応になりますが、その際に栄養不足にならないようにサプリメントを使うといいでしょう。

 

脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓に溜まっている状態の病気のことであり、主に脂質の摂りすぎと運動不足が原因によって起こります。

 

使い切れなかったカロリーが内臓脂肪となり、肝臓に蓄えられると脂肪肝になります。体の中でアルコールが分解される時に中性脂肪が作られるので、お酒の飲み過ぎも脂肪肝の原因の一つとして挙げられています。

 

肥満の程度が進むと、肝臓で脂肪が燃焼されづらくなりますので、ますます中性脂肪が溜め込まれるようになります。

 

集中力の低下、肩こり、疲労しやすいなどの、一見肝臓とは全く関係のない症状が、脂肪肝によって現れるようになります。

 

治療によって脂肪肝の症状を軽減させたいという時には、スタンダードな方法としては食事制限や運動をメインとした、ダイエット的なものになります。

 

生活習慣を変えることは簡単なものではなく多くの人が試行錯誤している中で、サプリメントを利用した方法が注目されています。サプリメントで効率的にオルニチンやタウリンなどを摂取して、肝臓をサポートするという方法です。

 

オルニチンやタウリンには、肝臓機能を改善させるとともに肝臓の代謝を良くする働きがあるとされていいます。オルニチンは、含まれている食材かあまり多くはありませんので、サプリメントで確実に補給するというやり方が合理的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ