脂肪肝 サプリ

肝機能を改善する方法

肝機能を改善する方法

タウリン、オルニチン、セサミン、アリシン、クエン酸、レシチンは肝臓にとって優れた栄養素なのです。
肝臓に良いとされている食べ物である牡蠣にはタウリンが豊富に含まれています。

 

タウリンは肝臓の薬として臨床的にも用いられ、
肝機能を回復して、体の細胞を正常な状態に戻してくれます。
しじみも肝臓に良いとされている食べ物でオルニチンを多く含んでいます。
オルニチンは機能が低下した肝臓を保護したり、
脂肪を分解して脂肪肝を防いだりして本来の働きに戻してくれます。

 

ゴマに多く含まれているセサミンは悪玉コレステロール値を下げ、肝機能を高める効果があります。
にんにくやネギに多く含まれているアリシンは脂質の代謝をよくし、また解毒作用を促進させます。

 

酸っぱいものに多く含まれているクエン酸は代謝を促し肝機能の改善に大いに役立つとされています。
大豆に多く含まれているレシチンは肝臓内に蓄積した脂肪を溶かし
脂肪肝と肝硬変の予防に大きく役立っています。

 

これらの栄養素を積極的に取ることで、肝臓を健康な状態に保つことができるのです。

 

脂肪肝の治療方法

 

生活習慣病や将来的に命にかかわるような疾病を発症する可能性のある脂肪肝ですが、今現在、血液の中性脂肪を低下させる薬はありますが脂肪肝自体を治療する薬はなく、最も基本的なものは食事と運動です。

 

これによって肝機能の回復を図ることができると考えられています。

 

脂肪肝の人の場合、アルコールと肥満が原因になっていることが多く、アルコール脂肪肝であれば、禁酒または断食をすることによって肝機能の回復を見込むことができます。

 

脂肪肝によくない食品としては、バターや菓子類、肉の脂身などがあります。動物性脂肪は体脂肪になりやすいため、オリーブオイルや大豆油など植物性の脂を使用するようにしましょう。

 

これと平行して週3〜5回の運動を10〜30分くらい継続して行うことがポイントとなります。
まずは無理なく始めることができる散歩やジョギング、水泳などの有酸素運動を取り入れることによって肝臓内に貯蓄された脂肪を減らすことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ