脂肪肝 サプリ

肝臓機能の数値γ-gtpとは?

肝臓機能の数値γ-gtpとは?

γ-gtpはタンパク質を分解?合成する酵素のことで、肝臓や小腸、膵臓などの臓器に含まれています。
肝臓の解毒作用も担っており、肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中に流れ出しますので数値が高くなります。
そのため、血液中のγ-GTPの濃度を調べることで、肝臓や胆管が障害を受けているか調べることが可能なのです。

 

またアルコールを大量に摂取した後も、一時的に高い数値が計測されます。
γ-gtpの正常範囲は、男性50IU/l以下、女性30IU/l以下で血液を採取して検査を行います。
正常範囲を超えていた場合、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの病気の可能性を疑うことができます。
また遺伝による影響もあります。
とくにγ-gtpはアルコールに敏感に反応するので、毎日お酒をよく飲む人は注意が必要です。
体に症状が現れた時にはかなり進行している可能性がありますので、早期発見、早期治療の為にも定期的な検査をお勧めします。

 

脂肪肝の目安にもなるγ-gtp

 

ALT(GPT)がAST(GOT)の数値を上回っているときは、脂肪肝の可能性があります。
AST(GOT)もALT(GPT)…30IU/L単位以下が正常値なので、AST(GOT)が30ぎりぎりでALT(GPT)が40ならば脂肪肝予備軍の可能性があるという訳です。
又ALT(GPT)・AST(GOT)が100以下だと脂肪肝決定です。

 

このように、数字で管理できれば、脂肪肝予防も簡単なのですが、これらの数値は血液検査が必須となり、会社や町の健康診断では無料ですが、病院で血液検査を行うと1回2000円ほどかかってきます。
そこで、肝臓の数値が気になる人ほど献血に行きましょう!
献血をするともれなく血液の検査結果が送られてきます。
1か月1回の検査を無料で行ってもらい、肝臓の数値を管理できので脂肪肝予防ができる、その上、その行為が世の中に貢献につながる!献血を利用しない手はありません!!!


ホーム RSS購読 サイトマップ