脂肪肝 サプリ

γ-gtp の数値が高いことによるリスクは?

γ-gtp の数値が高いことによるリスクは?

肝臓の状態は血液の採取で調べることが出来ます。
γ-gtpは肝臓の解毒作用に関わる酵素で、肝臓に疾患がある場合は高い数値が計測されます。
アルコールの飲み過ぎや肥満などが原因でγ-gtpが沢山作られ、肝臓や胆管から血液中にγ-gtpが溢れ出てくるため、肝臓や胆管が壊れたことの指標として利用されています。
特にアルコールには敏感に反応するし、γ-gtpが高い数値を呈します。

 

正常値は50以下ですが、100以下の数値であっても、節酒や禁酒によりすぐに正常値に戻っていきますが、値が100を超えてくるようであれば、必ず病院を受診するようにしましょう。
アルコールによる肝障害や薬による肝障害を発症している可能性があります。
200以上になることがあればアルコールなどの影響だけでなく、胆石などにより胆管が詰まる胆石症や、肝臓内で胆汁の流れが悪くなる胆汁うっ滞の可能性もあるため、より詳しい精密検査が必要となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ