脂肪肝 サプリ

肝臓と疲れとサプリの関係

肝臓と疲れとサプリの関係

肝臓はエネルギーの生産と胆汁の生成、有害物質の解毒の体にとって重要な働きを担っています。
脳にとって大事な「糖」や「ケトン体」などのエネルギーは肝臓で生産されているのです。
しかし、アルコールに含まれるアセトアルデヒドの増加が糖やケトン体の生産の邪魔をし、脳は一時的にエネルギーが不足し疲労を感じるのです。
お酒を飲んだ後の疲れや頭が重たさ、また異常なほどの眠気は脳へのエネルギー供給が不十分なためです。

 

また、小麦や大豆など多くの食品に含まれるアンモニアなどの有害物質の解毒も肝臓で生産されたエネルギーによって分解されています。
食事をするたびに働き続ける肝臓は休む暇がなく、酷使しています。
そして肝機能が低下するとこれらの有害物質の解毒ができず、有害物質が体全身に周り細胞に悪影響を及ぼします。
つまり肝機能の低下は脳のエネルギー不足を引き起こし、疲労感を感じてしまうのです。

 

ですから、短時間で疲労を回復させたい時にリポビタンDのような高濃度なタウリンを摂取することは疲労回復に効果的です。
ただ、あくまでも一時的ですので、慢性疲労の改善となると日々タウリンや亜鉛を含むサプリを服用する必要があるでしょう。

 

その疲れ、脂肪肝が原因かも?

脂肪肝の疑いがある場合でも、血液検査では異常値が出ない境界ギリギリの方が肝エコーをとったら医者から脂肪肝と言われるケースがあります。
その場合、本人の中では脂肪肝という認識はなく、肝臓の数値が適正範囲ギリギリだったという注意しよう、と思う程度で、

 

仕事上の付き合いは断れないから・・
先週飲み過ぎたから今回の数値は高くなっているけど適正範囲内だし・・など
様々な理由をつけ、禁酒に至る人は少ないでしょう。

 

肥満による脂肪肝予備軍の疑いがある人でも、ダイエットに数日挑戦して終了・・なんて人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、肝臓は劣化ですというSOSはじわりじわりとは出しているので、前より疲れを感じるようになったら、それは年齢のせいではなく、脂肪肝による肝臓のSOSと考えるようにしましょう。
そうは言ってもなかなか、今の生活をなかなか変えることはできません。

 

だからこそ、猛烈に疲れを感じた時は、タウリンドリンクを飲んで一時凌ぎ
そのあとは、日々タウリンサプリの摂取して疲れている肝臓を助けてあげるようにすると、脂肪肝の予防につながります。

 

脂肪肝になる前にサプリメントで肝機能をサポート

脂肪肝にならないように気をつけるべきなのは、お酒を飲む人だけではありません。有害な物質が身体に入った時に、分解能力を持っている臓器が、肝臓になります。

 

肝臓は沈黙の臓器とも言われていますが、それは、不具合が起きてもなかなか自覚がないためです。肝臓が起こす病気の中で、脂肪肝というものがあります。

 

肝臓が働かなくなる症状として、中性脂肪がたまったせいで起きる脂肪肝があります。脂肪肝は、中性脂肪が原因で起きるものです。

 

酒が原因で肝臓を損ねるという話はよく耳にしますが、脂肪肝の原因はアルコールに限った話ではなく、糖分の摂りすぎである場合があります。食生活が乱れている現代人にとって、脂肪肝は身近な病気の一つとなってしまいました。

 

脂肪肝にならないようにするには、カロリーオーバーの食事はやめて、規則正しく、健康にいい食事をすることがですが、それが実行できない人もいます。食事の準備をするような時間的余裕がないという人は、サプリメントを積極的に使うという手法もあります。

 

もしも、肝臓の働きを助けたいと考えているならば、サプリメントでオルニチンを摂取するといいでしょう。

 

サプリメントでオルニチンを体内に供給することで、食事だけでは不足しがちなオルニチンを補給し、肝臓機能の働きをサポートすることができます。

 

メーカーが開発したオルニチンサプリメントは種類が多様化していますので、飲みやすいサプリメントを選択するといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ