脂肪肝 サプリ

肝臓の病気

肝臓の病気

肝臓の病気は“脂肪肝→肝炎→肝硬変”と進行し最終的には肝臓がんに侵される可能性があります。
初期の状態である「脂肪肝」はとくに症状がなくで自分では気づきにくい病気です。
食べ過ぎや飲み過ぎにより、肝臓にコレステロールや中性脂肪が溜まった状態で、動脈硬化をはじめ様々な生活習慣病の原因となります。

 

肝炎

 

「肝炎」には急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎の3種類があります。
急性肝炎は頭痛・発熱・全身の倦怠感・関節痛・食欲不振など風邪に似た症状が現れた後に黄疸が現れます。慢性肝炎は急性肝炎が完治しきれず、半年以上慢性化した状態です。
一般的に無症状ですが、人によっては食欲不振・吐き気・全身の倦怠感を感じる方もいます。
肝臓の病気の中で発症率は少ない劇症肝炎は黄疸・風邪に似たような症状が現れた後、出血傾向・脈拍が激しくなる・呼吸が荒くなる・表情が乏しくなる・意識障害が出る・昏睡状態など重篤な症状になります。
重い合併症を引き起こすことが多く肝臓病の中では極めて死亡率が高いのが特徴です。

 

 

肝硬変

「肝硬変」もまた初期症状はなく、病気が進行するにつれて黄疸・クモ状血管腫・女性化乳房(男性のみ)・出血傾向・腹部静脈の怒張・手掌紅斑などの症状が現れます。
「肝臓がん」は初期の段階では無症状ですが、と黄疸・腹痛・腹水が現れるとかなり進行している状態です。
手術ができないほど末期の可能性もあります。
肝臓は沈黙の臓器と言われるだけあって、初期症状はほとんど見られません。
定期的に血液検査をするなどして、肝臓の状態を把握する必要があります。

 

 

胆石の原因

胆石は、胆汁の成分が短銃の通る道で何らかの原因で固まってしまったものです。
痰性器が出来てしまう原因は食事にあるとされています。

 

胆石はコレステロール系の結石が全体の約70%を占めています。
コレステロール系の胆石が出来るのは、食事で摂取するコレステロールが胆汁と結合して結晶化するのが原因の1位となります。
他にも肝臓の機能が低下することでビリルビンという物質が血液中に増加し、それが胆汁と結びついて結晶化するビリルビン系胆石、 炭酸カルシウム石・脂肪酸カルシウムなどカルシウムが原因となる結石もあります。
コレステロールやカルシウムが原因ということから、食事がいかに大切か分かります。

 

食生活に自信のない方は、肝臓疲労の回復を促すオルニチンが豊富なしじみサプリメントを比較し、生活に取り入れましょう。

 

また、喫煙も胆石発生リスクを増加させているとも言われています。
禁煙できる自信がない方でもチャンピックスなどの禁煙薬がありますので、健康リスクを考えて禁煙をお勧めします。

 

胆石ができる場所

 

胆石ができる場所により呼び名が異なります。

 

胆管にできる結石で肝臓内部の胆管にできた結石を肝内結石といいます。
もっとも多い結石が胆嚢にできる結石で胆石の中でも9割を占めており大部分はコレステロール結石です。
胆嚢から続く胆嚢管と肝臓から続く肝管が合流した総胆管にできる結石を総胆管結石といいます。
症状が出やすいのは上腹部に激しい痛みが出る総胆管結石です。
胆嚢結石は無症状の場合が多いです。
肝内結石はほとんどの場合無症状ですが胆管癌を併発している場合があります。

 

胆石の症状

 

症状が出やすいのは総胆管結石です。 総胆管から十二指腸への出口に結石が詰まると、上腹部に激痛(疝痛発作)を感じます。
黄疸や医師によって傷つけられた胆管壁が炎症を起こすことで化膿性胆管炎を伴うこともしばしばあります。
化膿性胆管炎の症状は総胆管結石の症状に加えて発熱や倦怠感を伴うことがありますが重症化することで命に関わる場合もあるので早急な治療が必要となります。

 

胆嚢結石は無症状の場合が多いですが、胆嚢が収縮するときに胆石が移動して堪能の出口に胆石が詰まると疝痛発作を引き起こすことがあります。
右の上腹部やみぞおちに激し痛みが1〜2時間続いた後に消えていきます。
特に脂っこいものを食べた後には、胆汁を分泌するために胆嚢が収縮し、疝痛発作が起こりやすくなります。
胆嚢の出口に胆石が詰まった状態が長く続くと、胆嚢で細菌感染を起こし急性胆嚢炎となり発熱や黄疸を伴うことがあります。

 

肝内結石は殆どの場合無症状ですが、稀に胆管癌を合併していることもあります。胆管癌も無症状で進行していきますので注意が必要です。

 

胆石の予防法

 

・規則正しい食事時間を心がける→これは胆嚢を1日3回収縮させることで、胆汁が長時間胆嚢内に留まる事を避ける為です。

 

・コレステロールの高い食事を避ける→食生活の欧米化に伴い、日本人の胆石の70%がビリルビン系胆石からコレステロール系胆石に変化しました。脂っこいものやアルコールはコレステロールを増やすので出来るだえ控えましょう。

 

・カロリーの過剰摂取は避ける→高カロリー食は高コレステロール食でもあります。また、胆石を患う人のほとんどが太り気味の傾向にあります。特に内蔵型肥満の場合、脂肪肝になりやすく肝機能に影響を与えます。

 

・肥満を解消する→過食は胆汁の分泌が促進し総胆管に常に胆汁が留まってしまう状態を招いてしまい胆管結石の原因になることがあります。

 

・魚を食べる→特に青魚に含まれる良質のEPAやDHAは中性脂肪の体内での合成を抑制し悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

 

・極端なダイエットは避ける→痩せたいと思うあまり極端な食事制限をすると胆汁の分泌が阻害されてしまい胆石の原因になります。

 

・適度な運動を心がける→これは肥満解消にもつながり健康な体であれば胆石になりにくい体へと繋がります。

 

タバコの肺への影響などは気を付ける人が多くチャンピックスで禁煙などの対策をとったりしますが、他の臓器に関しては無関心の人が多いです。
上記の項目をしっかり頭に入れておくと良いでしょう。

胆嚢ポリープ

胆嚢ポリープとは胆嚢の内側にできる隆起性変化の総称です。
胆嚢ポリープは、胆嚢の病気全体の5〜10%程度だと言われています。

 

形態としては、
@有茎性ポリープ(キノコのように茎を持つもの)
A亜有茎性ポリープ【茎がはっきりしないもの)
B広基性ポリープ(茎を持たず扁平に盛り上がるもの)
があります。

 

亜有茎性ポリープ、広基性ポリープのなかにがんが含まれることがありますが、形態だけではがんかどうかは判断できません。


ホーム RSS購読 サイトマップ