脂肪肝 サプリ

肝臓の病気

肝臓の病気

肝臓の病気は“脂肪肝→肝炎→肝硬変”と進行し最終的には肝臓がんに侵される可能性があります。
初期の状態である「脂肪肝」はとくに症状がなくで自分では気づきにくい病気です。
食べ過ぎや飲み過ぎにより、肝臓にコレステロールや中性脂肪が溜まった状態で、動脈硬化をはじめ様々な生活習慣病の原因となります。

 

「肝炎」には急性肝炎、慢性肝炎、劇症肝炎の3種類があります。
急性肝炎は頭痛・発熱・全身の倦怠感・関節痛・食欲不振など風邪に似た症状が現れた後に黄疸が現れます。慢性肝炎は急性肝炎が完治しきれず、半年以上慢性化した状態です。
一般的に無症状ですが、人によっては食欲不振・吐き気・全身の倦怠感を感じる方もいます。
肝臓の病気の中で発症率は少ない劇症肝炎は黄疸・風邪に似たような症状が現れた後、出血傾向・脈拍が激しくなる・呼吸が荒くなる・表情が乏しくなる・意識障害が出る・昏睡状態など重篤な症状になります。
重い合併症を引き起こすことが多く肝臓病の中では極めて死亡率が高いのが特徴です。

 

「肝硬変」もまた初期症状はなく、病気が進行するにつれて黄疸・クモ状血管腫・女性化乳房(男性のみ)・出血傾向・腹部静脈の怒張・手掌紅斑などの症状が現れます。
「肝臓がん」は初期の段階では無症状ですが、と黄疸・腹痛・腹水が現れるとかなり進行している状態です。
手術ができないほど末期の可能性もあります。
肝臓は沈黙の臓器と言われるだけあって、初期症状はほとんど見られません。
定期的に血液検査をするなどして、肝臓の状態を把握する必要があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ