脂肪肝 サプリ

肝臓の検査方法

肝臓の検査方法

近年では、血液検査でさまざまな病気を見つけることができるようになってきました。
特に、状態が悪化しないと症状が出ない肝臓の機能が低下していないのかを調べる方法は、血液検査が早く発見しやすいです。

 

主にALT値、AST値、rーGTP値を検査することでわかります。
血液中に含まれるALT、ASTは、肝臓の細胞に多く含まれるもので、
細胞が壊れた時に血液中の中に出てくる酵素なのです。
肝臓数値高い状態だと(ALT値/AST値)、肝臓の細胞が壊れていることになり、
肝機能が低下しているサインになります。

 

ALT値よりAST値の方が高い場合は肝硬変や肝がんが疑われ、
AST値よりALT値の方が高い場合は、慢性肝炎が疑われ、詳しい検査が必要となります。
rーGTP値はアルコール性の肝機能障害を調べるための値で、
アルコールを毎日たくさん摂取する人はこのrーGTP値が高くなります。

 

また、食べ物の消化に必要な物質である胆汁の流れが悪くなると
rーGTP値が上がってしまいます。
血液検査正常値かどうかを調べ、どこかに異常が見られる場合は、
病気が進行してしまう前に速やかに詳しい検査を受けるようにしましょう。

 

脂肪肝なども血液検査の結果が判断材料になります。
ただ、どれくらい脂肪肝に肝臓が侵されているかを視覚的にみるのであれば肝エコーがおすすめです。

 

一般的な健康診断の項目には入っていない肝エコーですが、肝臓が気になっている方、肥満気味の方には安心材料としておすすめです。

 

 

肝臓機能の数値ALTとは?

 

altはアラニンアミノトランスフェラーゼという酵素でGPTとも呼ばれています。肝細胞だけに存在する酵素で,エネルギーやアミノ酸の代謝を担っています。

 

検査は血液採取で行い、30 IU/L以下が正常値,31 IU/L以上になると異常を示しています。。何らかの原因により肝細胞が破壊されたことにより,血液中にaltが漏れ出します。要は数値が高いほど肝細胞が破壊され肝機能に障害があるということです。異常値の場合,肝炎やうっ血肝障害・脂肪肝・肝臓がん・肝硬変・胆道系のがんの可能性を疑う必要があります。また,遺伝による影響もあると言われています。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気になっても自覚症状がほとんど現れず、症状が現れた時にはかなり進行されていると考えられます。そんな臓器だからこそ症状がなくても、気になるような方は定期的に検査を受けることが早期発見早期治療につながります。
alt値を下げるには,休肝日を作る、脂肪の多い食事を控えるなど食生活の見直しが肝臓の負担を軽減につながります。肝細胞の修復のため肝臓に良いとされる食物を多く摂取することが効果的です。
また、食べ過ぎにも気をつけると良いでしょう。

 

肝臓機能の数値γ-gtpとは?

γ-gtpはタンパク質を分解?合成する酵素のことで、肝臓や小腸、膵臓などの臓器に含まれています。
肝臓の解毒作用も担っており、肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中に流れ出しますので数値が高くなります。そのため、血液中のγ-GTPの濃度を調べることで、肝臓や胆管が障害を受けているか調べることが可能なのです。またアルコールを大量に摂取した後も、一時的に高い数値が計測されます。

 

γ-gtpの正常範囲は、男性50IU/l以下、女性30IU/l以下で血液を採取して検査を行います。
正常範囲を超えていた場合、アルコール性肝炎、薬剤性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの病気の可能性を疑うことができます。
また遺伝による影響もあります。とくにγ-gtpはアルコールに敏感に反応するので、毎日お酒をよく飲む人は注意が必要です。
体に症状が現れた時にはかなり進行している可能性がありますので、早期発見、早期治療の為にも定期的な検査をお勧めします。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ