脂肪肝 サプリ

肝臓機能検査の種類

肝臓機能検査の種類

人間ドックや健康診断で行う血液検査でAST(GOT)やALT(GPT)やγーGTPの数値が
正常範囲を超えた場合、精密検査となる事があります。

 

肝機能検査は、ASTやALTの数値で判断する以外にも色々あります。
肝細胞がどの程度破壊されているかを調べる検査にAST、ALT、LDHが、
肝臓での物質合成機能を調べる検査にアルブミンやコリンエステラーゼ、
総コレステロールの数値が判断基準になります。

 

また肝臓は血小板をつくる働きも担っているので、
血小板の数値で肝臓の状態を確認することもできます。
さらに肝臓の線維化の度合いを調べるγーグロブリや
胆汁のうつ滞状態を調べるALPやγーGTPなどもあり、
必要に応じて再度採血をして追加検査を行います。

 

それ以外に、肝臓での解毒機能が正常かを調べるために、
色素を静脈注射してその後反対側の腕から採血するICG試験などがあります。
また、腹部エコーやCTで肝臓の状態を見たり、心電図検査でASTやALTの上昇がある場合、
肝臓機能以外の疾患も考えられますのでさらに検査することもあります。

 

脂肪肝のセルフチェック法

血液検査によってGOT(AST)、GPT(ALT)、ガンマGTP、血清総タンパク、コリンエステラーゼ、血清総コレステロール、中性脂肪の数値が正常値より高い場合には脂肪肝が疑われます。
しかし、毎月のように脂肪肝予防のために血液検査で肝臓の数値を管理する人はいないのではないでしょうか?

 

でも、脂肪肝は自覚症状がほとんどなく、重篤な症状になってから初めて気づくということもあります。
そのような状況を避けるために、日頃からセルフチェックをすることでその状態を知ることができます。

 

例えば、疲れやすい、肩が凝る、倦怠感がある、食欲がない、息切れがするといった症状は、脂肪肝によって肝臓内部に中性脂肪が溜まっているために血液の流れが悪いことによって起こる症状でもあります。
さらに手のひらや指先が赤い、白目が黄色がかっている、背中などに赤いクモ状の斑点ができている場合には、脂肪肝が進行している可能性があります。

 

 

このように日頃から自分の体調や定期的な血液検査を受けることによって自分の肝臓の状況を把握し、脂肪肝に対する適切な改善・予防対策を行うことができるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ