脂肪肝 サプリ

タウリン不足は肝機能の低下の原因

タウリン不足は肝機能の低下の原因

タウリンは私たちの体に多く存在している成分で、さまざまな働きを行っています。
主な働きと言えば、肝臓から分泌する胆汁の生成促進や、肝臓機能の手助け、血流の改善、インスリンの分泌促進などです。

 

タウリンは私たちの体で生成されますが、その量は多くなく、体外から摂取する必要があります。
一日3000mg〜6000mg必要とされますが、食事での摂取は現実問題難しいようです。
もし体内でタウリンが不足した場合、タウリンによってもたらす効果が減少し、
体にさまざまな不調が出てしまいます。
肝臓機能の低下、血流が滞り、動脈硬化や心臓病のリスクが上がる、
アルコール障害を起こしやすい、などです。

 

私たちの体は肝臓によって、有害物質の分解を行っていますので、
肝機能が低下することによって体に有害物質が蓄積しやすくなります。
これが体の不調の原因となりますので、健康維持のためには、
タウリン不足にならないようサプリメントなどで補うことが大切だと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ